高寺院と毘沙門天立像

高寺院の写真

 高野山真言宗。高寺院は、球磨郡で一番古い寺院です。375段の石段を登ると頂上に奥の院があります。高寺院・毘沙門天立像毘沙門堂は、奥の院への石段の登り口にあり、5体の毘沙門天立像が安置されています。その内の2体は、国の重要文化財になっています。

所有者

宗教法人高寺院

所在地

山江村大字山田甲1640

駐車場

毘沙門天立像

国重要文化財
指定年月日
大正元年9月3日

高寺院奥の院へ続く375段の長い石段登り口には、毘沙門天立像(うち2体は国定重要文化財)があります。

毘沙門天立像の写真

奥の院への石段 375段

毘沙門天立像はかつて375段の階段を昇った先にある「毘沙門天堂」に安置されてしました。

奥の院への石段 375段の写真

毘沙門天堂

毘沙門天堂の写真

国登録有形文化財
指定年月日
平成10年10月9日

かつて毘沙門天立像が安置されていたお堂。
現在も375段の石段を昇ったさきに、現存しています

地図

役場から徒歩3分

この記事に関するお問い合わせ先

〒868-8502

熊本県球磨郡山江村大字山田甲1356番地の1
電話:0966-23-3604
ファックス:0966-24-5669

教育委員会へ問い合わせ

更新日:2022年02月08日