石倉(球磨地域協同組合第26号倉庫)

石倉の写真

国登録有形文化財:指定年月日 平成10年(1998年)10月9日

 この倉庫は、もと山江村農会の発注により建造されたものである。桁行18.6メートル、梁間9.5メートル、2階建てである。正面には、穀物などの品質検査や荷造りなどに便利なように、幅4メートルの庇が造られている。屋根は瓦葺きであるが、以前は石倉造りであった。
 これらの建築石材は、近くの大王谷石切り場から切り出されたもので、石質はかこうしやすい加久藤溶結凝灰岩が使用されている。
 現在は山江村の所有となり、平成20年(2008年)から保冷庫として活躍中です。
 石倉横の時代の駅むらやくばと共に、国の登録有形文化財に指定されています。

所有者

山江村

所在地

山江村大字山田甲1416件

築年月日

昭和16年(1941年)4月8日

保冷庫写真1

現在は石倉の内を改装し、保冷庫となり、現代版倉庫として活躍中です。

保冷庫の写真

保冷庫写真2

保冷庫の中では、栗、野菜、米が貯蔵されています。

貯蔵された栗の写真

地図

役場から徒歩3分

この記事に関するお問い合わせ先

〒868-8502

熊本県球磨郡山江村大字山田甲1356番地の1
電話:0966-23-3112
ファックス:0966-24-5669

企画調整課へ問い合わせ

更新日:2019年04月01日