山江村役場
ホームへ
山江村の概要
山江村のプロフィール

行政情報

統計情報

例規集
村民のみなさまへ
お知らせ

山江村取組み一覧表

申請書ダウンロード

施設案内

広報やまえ

議会だより
山江村の概要
観光・特産物

イベントガイド

アクセスマップ

リンク

ホーム > 村外のみなさまへ > 観光・特産物
観光・特産物
 【観光】走る産業遺産『ボンネットバスマロン号』
2008年05月01日

ボンネットバス マロン号のご紹介


 

 
平成4年、次第に世の中がバブル経済崩壊に向かい、景気に蔭りが出てきつつある頃、元気のあるムラを再現しようという機運が高まってきました。


 そこで、手短な方法として地域にある資源を発掘し何か出来ないものか思案していたころ、たまたま熊本県民テレビの地域おこし番組「豪快てれび」が来村し、カメラスタッフが昭和
53年から寄贈展示されていたボンネットバスを動かしてみようと提案され、早速、走らせよう会(12名)が結成され、連日復活作業が続きました。



 廃棄処分されていたバスであり復活には元の所有者である九州産業交通、人吉球磨自動車協会、オールドファンクラブ、九州運輸局熊本陸運支局、熊本いすゞ自動車(株)等の支援を得て、難航しましたが無事車検を取得し
14年間の眠りから覚め、文字通り「山江の宝物」として返り咲きました。

 その後山江村民のマスコット的存在として、愛称を特産の栗にちなみ「マロン号」と命名し、各種イベントで可愛がられ、また時には観光誘致役として県内外からも引く手数多の状況で多忙な日々を過ごしています。


 また、平成
17514日には、産業考古学会の推薦産業遺産として認定書が授与されました。



 産業考古学会の遺産は「保存を必要とする重要な産業遺産のうち国あるいは地方自治体による文化財指定を受けていないもの」の規定により認定され、存在に正しい評価を与えて世間を注目させ、所有者や関係者そして地域にその重要性を認識させるものです。

 ボンネットバス「マロン号」は、これからも見る人を喜ばせ、さらなる活躍をしてくれることでしょう。


・マロン号の展示・運行状況

マロン号の経緯 PDFファイル 293kb

マロン号スペック PDFファイル 744kb

2008年9月14日開催「全国のボンネットバス大集合」パンフレット PDFファイル1,545kb

  お問い合せ
  山江村役場 商工観光係
  TEL:0966-23-3113
↑ページ先頭へ
 
  プライバシー  お問い合わせ  サイトマップ Copyright(C) Yamae Village All Rights Reserved.